講師・インストラクターになりたい!

塾講師・予備校講師になるために資格は必要?

小学校、中学校、高等学校などの教師として生徒を指導する場合は「教員免許」が必要になりますが、塾講師・予備校教師の場合は国家資格がなくても務まる所が大きなポイントです。そのため、塾講師・予備校教師を目指す際にも教員免許のような教育実習を積むことはありません。その点では比較的簡単になれる職業であるのも事実でしょう。

しかし、やはり生徒に指導をする立場なのですから、基礎学力を身につけていなければプロとして活躍することはできません。そこで、最近の大手塾・予備校などでは講師に対して独自の試験を実施し、その力量を計っているケースも見られます。厳しい塾・予備校では、その試験をパスしなければ教壇に立つことを許されない、つまり講師として契約をしてもらえないこともあります。

今後、塾・予備校の社会的存在価値が上昇するにつれ、塾講師・予備校講師に向けられる目もきっと厳しくなると予想されます。そのため、従来のように「無試験・無資格でなれる」という固定観念は、取り払った方がよいかもしれませんね。

塾講師・予備校講師になるには?

勉強しておくべきことは?

生徒達に勉強を教えることが仕事である塾講師・予備校講師。事前にはどのような勉強をしておくことが必要になるのでしょうか。

求人情報はどこにある?

専門職である塾講師・予備校講師の仕事ですが、その求人情報はどのようなところに掲載されているのでしょうか。求人内容の特徴などについても見ていきましょう。

適性のある人は?

塾講師・予備校講師に求められる資質や能力はどういったものなのでしょうか。応募時にプラスになる具体的な事例も交えて紹介していきます。

平均年収はどれくらい?

塾講師・予備校講師は一月にどれぐらいの給料を貰っているものなのでしょうか。アルバイトの場合でも時給は高い部類になりますが、年収に換算するとやはり少ないようです。

Copyright(C) 2008 講師・インストラクターになりたい! All Right Reserved.